ショック! 昆布のとりすぎで健康被害の恐れが?

「昆布などの海藻類の摂りすぎは健康に良くない」
こんなニュースに驚かされました。
海藻類は体に良いイメージしかないですもの。


ダイエット、メタボ解消、ミネラル不足の解消、
などなど、他にも健康的な食事というと、
必ずあげられる食材のひとつが昆布や海藻類。


でも、海藻類に含まれる微量ミネラルの「ヨウ素」は、
過剰摂取が長期間続くと、甲状腺腫や甲状腺の機能低下を招く
おそれがあるのだそうです。


日本人は和食のダシとして昆布を利用するなど、
日常的に摂取量が多い傾向にあるそうで、
通常の食生活では問題はないとのことですが、
摂りすぎには注意が必要だということです。


ちょっと驚きのニュースでしたが、
何事も過ぎたるは及ばざるがごとし、という事ですね。

アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞「ザ・コーヴ」受賞の波紋

アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を
米映画「ザ・コーヴ(入り江)」が受賞したことは、
映画の舞台となった和歌山県太地町の人々には驚きだったようですね。


太地町で昔から行われてきたイルカ漁の様子を、
スタッフが立ち入り禁止区域に侵入して、
隠しカメラを使って撮影。


残酷さをアピールするような構成の映像や、
制作側による意図的な攻撃性が感じられるものの、
映画の出来としては納得、という作品らしいのですが。


微妙な問題だけに、意見もさまざま分かれる所でしょうし、
見た人の主観、思想、考えなどによって、
感じ方も大きく違ってくるでしょう。


ただ、舞台となった地元の漁師の人たちは、
やはり気の毒に思います。
それぞれの地域に根差した文化というものは、
尊重されなければいけないように思います。

浜松、怒涛の追い上げを見せるも、軍配は宇都宮に。

「ギョーザ日本一」を目指して、
宇都宮に追いつけ、追い越せとばかりに
市をあげて取り組んでいる浜松。


浜松ギョーザの普及を目指す取り組みには目を見張るものがあり、
先日のテレビ番組でも、その熾烈な争いぶりが紹介されていました。


統計は県庁所在地と政令市を対象に、
1世帯当たりの調理済みギョーザの年間購入額を調査したもので、
今年はわずかに50円の差で、宇都宮に惜敗した浜松餃子。


宇都宮としても、餃子日本一の市ということを
全国にアピールしているだけに、負ける訳にはいきませんしね。


この戦い、来年はどうなるのかな?
どちらも頑張って、美味しい餃子を作って下さいねーーー!

  

遺言ソフト(僕が死んだら…)ってどうなのかな。

遺言ソフト(僕が死んだら…)という、フリーソフトが
とっても気になっています。


遺言ソフトというと、自分の遺言を残すもの・・とかを
イメージしてしまいますが、これは別。
もしも自分が不慮の事故などで急に命を落としてしまったら・・・


そりゃ、見せたくないファイルなどがPCに残ってますよねぇ。
それを、家族に気づかれずに削除してしまえる、という物なんです。
もしも不測の事態が起こったとしても。


家族の誰かがデスクトップ上のアイコンに気がつき、
ダブルクリックしてくれさえすれば、
遺族に伝えたいメッセージが表示され、


そのバックグラウンドで削除対象になっているファイルや、
フォルダの削除処理がスタートする仕組みです。
暗号化メッセージの“解読中”を装いながら


バックグラウンドで削除処理を行う上、
削除したファイルをファイル復旧ソフトなどで復旧されないよう、
ファイル名のランダム変更やデータの上書きを行って削除する設定も可能。


なんだかこれ・・・
私も欲しいような気がします。
ダウンロードしちゃおうかな・・

「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が大人気!

「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という
面白いネーミングの桃屋のラー油が
大人気だそうです。


香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンをたっぷり加え、
そのまま白いご飯にふりかけ感覚でかけて食べても美味しいそう♪
めっちゃ気になります。


焼き餃子、水餃子、ラーメン、冷奴、納豆、冷たいうどん、
サラダ、炒飯、パスタ、ポテト料理等に
混ぜる・炒める・かける・和える等、食べ方いろいろのラー油。


具材が多く入っていて、従来のラー油のイメージではないし、
本当にそんなに辛くなくて、旨さと食感を楽しむラー油だそうですよ。
でも、今凄く人気があって、あの楽天でも品薄なんだそうです。





スーパーで見かけたら、即買い決定です!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。