ヨン様の優しさに負傷者も癒された?

先日の「冬ソナ」撮影現場で起きた事故の、
その後のヨン様の様子が伝えられました。
さすがにいつもファンのことを気にしているヨン様。


負傷者が搬送された江原道・江陵市内の病院4か所をすべて訪れ、
負傷者1人1人と会い、謝罪したそうです。
ヨン様が悪いわけじゃないのにね・・・。


でも、そんな優しいところが、
日本女性の気持ちをぐぐっとつかまえて離さないんでしょうね。
負傷された方も、うれしかったでしょうね〜。


それにしても、この撮影を見るために、
1700人ものファンが見学に訪れていたそうです。
ヨン様の人気は衰えを見せませんね。

あのウィーン少年合唱団の信じたくない過去!?

あのウィーン少年合唱団で、性的虐待が行われていた!?
とする記事が目に飛び込んできて、
びっくりして読んでみました。


よーく記事を読むと、それは過去の出来事で、
現在は「教育学に基づいた適切な指導が行われている」として、
そのような事実はないということなんですが・・・・


あの天使の歌声集団で、裏側でそんな出来事があったとは!
本当に衝撃的ですね。
そう言えば、日本の某アイドル帝国でも、噂は堪えませんものね。


どうしても思春期の少年が集まると、
そういった噂が立ちやすくなるのかもしれませんね。
ウィーン少年合唱団では、本当にあったと証言があるそうで。


なんか、屈折した欲望が暴走しちゃうのかもしれません。
コワいコワい。。。

南米ペルーのマチュピチュ遺跡。鉄道が一部復旧の見通し。

1月の水害から閉鎖が続いていたマチュピチュ遺跡ですが、
このほど遺跡に通じる鉄道が今月末から部分開通する見通しがつき、
遺跡訪問が再開できることになりそうだということです。


今年1月に豪雨による土砂崩れで鉄道が寸断され、
遺跡や周辺の街に取り残された観光客が取り残され、
その中に日本人観光客77人も含まれていたことがニュースになりました。


ヘリコプターで救出される騒ぎとなったことは、記憶に新しいですね。
世界的に人気があるマチュピチュ遺跡だけに、
復旧を待ちわびる人も多かったと思います。


観光の拠点となるクスコから、マチュピチュ遺跡までの
全面的な鉄道の開通は、早くても7月になると、
ペルーのコルネホ運輸・通信相は述べているそうです。


マチュピチュは、一度は訪れてみたい世界遺産のひとつ。
世界的にも大切な財産だと思います。
一日も早い全面復旧が待たれます。

チョコが燃料のエコなレーシングカー誕生。F3参戦へ。

なんと、レーシングカーにもエコカーが登場です。
米マサチューセッツ工科大学で開催されている会議で公開された、
「世界初」とされる、エコなレーシングカーを製造したのは、
英国ウォーリック大学の研究チームだそうです。


このエコ・レーシングカーは、チョコレート工場から出た廃棄物や
植物油を基に作られた燃料で走行可能で、
エンジン以外の部品にも、産業廃棄物が多く利用されているそうです。


さらに、ラジエーターにはオゾンを酸素に変換する機能もあり、
「走りながら(空気を)きれいにするレーシングカー」なのだとのこと。


製造コスト、およそ20万ドル(約1800万円)というこの
「エコなレーシングカー」。
自動車レースF3に参戦することが決まっているそうですよ。

アカデミー賞は「ハート・ロッカー」の圧勝で、キャメロン監督はがっかり?

元夫婦の因縁の対決とも言われて話題をよんだ
今年のアカデミー賞は、「ハート・ロッカー」の
圧勝という形で終わりましたね。


「アバター」は撮影賞、美術賞、視覚効果賞と3部門の受賞に終わり、
監督賞、作品賞を加え、6部門でオスカーを獲得した
「ハート・ロッカー」では、キャスリン・ビグロー監督の
史上初の女性監督の受賞者誕生というもうひとつの話題も。


プロデューサーの不正行為など、アカデミー争奪戦以外にも、
何かと注目された「ハート・ロッカー」。
女性監督による社会派作品をぜひ見てみたいと思います。


でも、「アバター」はどうして負けちゃったんでしょうね。
ちなみにキャメロン監督は、元妻の栄光に、
惜しみない称賛の拍手を送っていたそうです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。