モテル男の条件は、オトメ心がわかること。女性に大人気の携帯とは?

男性には想像もつかなかった商品が、生産が追いつかないほどの
大もてぶりだそうです。

その正体は、トイレの流水音を流す装置「エコオトメ」。

女性用のトイレには設置されていることの多い、
「音姫」の携帯版なんですね。

最近は設置されているトイレが増えているとはいえ、
まだ「音姫」のないトイレも結構あります。
そこで活躍するのが、このトイレ用擬音発生装置、
「エコオトメ」です。

発売元のエポック社でも、想像以上の売れ行きに、
あっという間に初回生産分が完売。
追加生産も追いつかない状態だそうです。

トイレの流水音の着信メロディも配信されていて、
「水の音」を携帯するのは常識、という
時代がくるかもしれませんね。

TOTOの調査によって、流水の疑似音を利用することで、
かなりの節水効果も確認されているとか。

女性の乙女心とエチケットを守りつつ、
エコにも役立つ「エコオトメ」。
男性にはなかなかわからない心理かもしれませんね。




乙女ごころ

ワカンナイ

愛しき女たち


「ノギャル」の挑戦 成果はいかに!?

渋谷の元ギャル社長、藤田志穂さんを中心に結成された
ギャルの農業集団「ノギャル」。

trd0906020814001-n13.jpg

バッチリメイクにネイルアートの手元で、
思い思いの渋谷系ファッションで田んぼに入る姿に、
地元農家も目が点だと言うが、さて、その成果のほどは?





世界一の美女の創りかた

渋谷ではたらく社長の告白


週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法

テレ朝、「クレヨンしんちゃん」の放送は続行の方向へ?

荒船山で、遺体で見つかった漫画家の
臼井儀人さんの「クレヨンしんちゃん」を発行する双葉社は、
雑誌「まんがタウン」への「クレヨンしんちゃん」連載を
12月号(11月発売)まで続けると発表しました。

臼井儀人さんは非常にまじめな方で、
すでに今年分の原稿も受け取りずみ、とのこと。
ファンにとっては嬉しい知らせですね。

またアニメ「クレヨンしんちゃん」を放映する
テレビ朝日も、放送は続けたい構え。

放送中のアニメで、臼井さんの原作を生かしているのは
5分の1ほどで、残りは制作会社が脚本などを制作し、
向こう3カ月分のストックもあるといいます。

原作者が亡くなっても、放送を続けている
「サザエさん」方式で、今後もしんちゃんの活躍が
お茶の間で楽しめるかもしれません。

子供から大人まで楽しめるアニメ番組
「クレヨンしんちゃん」。
放送がなくなってしまうのは、淋しいですから、
なんとか続行の方向で頑張ってほしいものですね。

90年に漫画で初登場し、92年にアニメ放送が開始された「クレヨンしんちゃん」。大人からも支持を得て「サザエさん」や「ドラえもん」と並ぶ国民的人気キャラクターとなった。作者の臼井儀人さんの急死を受けて、その存続が注目されるが、アニメを放送しているテレビ朝日の関係者は「どうしても続けたい」と話している。

遺体は臼井儀人さんと確認

荒船山の崖下で見つかった遺体が、行方不明になっていた
「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人さんと確認されましたね。
関係者の方々が、無事を信じて待っていただけに、
大変ショックな最悪の結果となりました。

第6回文化庁メディア芸術祭や
アニメーション部門大賞などを受賞した名作
「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写版映画
「BALLAD 名もなき恋のうた」に主演した
SMAPの草なぎ剛さんや、ヒロイン廉姫を演じた
新垣結衣さんも、とてもショックを受けているということです。

臼井儀人さんは、「クレヨンしんちゃん」の
漫画のイメージとは違って、
とてももの静かで真面目な方だった、とのこと。

ご冥福をお祈りします。


行方不明だった人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人(本名・臼井義人)さん(51)について、群馬県警は20日、同県と長野県にまたがる荒船山(標高1423メートル)で見つかった遺体を臼井さんと確認したと発表した。歯型などが一致したという。

あのエコナに発がん性物質!?

特保だからって、安心できませんね。

体脂肪がつきにくくなる食用油の代名詞、
『エコナ』に、発がん性に変わる可能性がある物質
「グリシドール脂肪酸エステル」が
大量に含まれていたことがわかりました。

「グリシドール脂肪酸エステル」は、
発がん性のある「グリシドール」に分解される危険性が
欧州で指摘され、日本でも
食品安全協会が調査中とのことです。

『エコナ』の発売元である花王によると、
「グリシドール脂肪酸エステル」が、
エコナには通常の食用油の18倍も
含まれていたそうです。

このため、店頭からエコナシリーズが姿を消しました。

健康指向が高まって、
生活習慣病の予防などにも積極的に取り組む人が増え、
メタボリック症候群撃退のためにも
エコナのような特定保健用食品を利用している人は
年々増加していますよね。

やはり何事も自然がいちばん・・というところでしょうか。
食の安全だけは、何としても守っていただきたい。

政権政党となった民主党さんには、
ぜひお願いしたいものです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。