二宮和也くんは15%の男?

嵐の二宮和也くんが主演した、
TBS系スペシャルドラマ「マラソン」が、
15.2%の高視聴率をマークしました。

人気blogランキングで気になるニュースをチェック

「マラソン」で、二宮和也くんが演じたのは、
自閉症という障害を持ちながらも、
フルマラソンに挑戦する青年の役です。


ドラマ「マラソン」の原作は、パク・ミギョンの
「走れ、ヒョンジュン!」という手記で、
韓国で映画化され、大ヒットを記録しました。


二宮和也くんは自閉症の青年という難しい役を
渾身の力で演じきりました。

二宮和也くんは以前からその演技力に定評があり、
倉本聡監督にもその実力を愛されたほどです。

「硫黄島からの手紙」での演技は、日本国内だけではなく
米国でも評判をよび、主演の渡辺謙さんとともに、
作品テーマを体現するキーパーソン役となりました。

クリント・イーストウッド監督も二宮和也くんに関しては
「仕事をしっかり理解しており、根性も素晴らしかった」と
ほめあげていました。


つい先ごろ終了した二宮和也くん主演の夏のドラマ
「山田太郎ものがたり」も、平均視聴率が15%を超え、
二宮和也くんのことを「15%の男」と形容した記事もありました。

嵐のメンバーとしての二宮和也と、俳優としての二宮和也。

これからも俳優としての実力を磨き、私たちに二つの顔を
見せ続けてくれることでしょうね。

今後も二宮和也くんの活躍に期待したいと思います。

 

人気ブログランキングで他のニュースも読む



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。