北川景子主演映画「花のあと」の公開初日。北川景子、あでやかな和服で舞台あいさつ。

藤沢周平の短編時代小説を映画化した「花のあと」が、13日公開され、
主演の北川景子さんが、あでやかな桜柄の着物姿で
舞台あいさつに登場しました。


時代劇初主演の北川さんは、殺陣や所作を学び、
「普段の食事の際にも取り入れたり、女優としても糧となり、
人としても成長できた」と笑顔で語ったそうです。


「藤沢先生にお見せしても恥ずかしくない作品になるように」と
懸命に演じたという北川さんは、作品の出来に自信をのぞかせ、
今最も勢いがあると言われる女優の笑みを見せていたようです。


日本人の内面の美しさを描いているという「花のあと」。
主題歌は一青窈さんの「花のあと」が起用され、
相手役の下級武士、江口孫四郎に宮尾俊太郎さん。


男顔負けの剣の腕前をもつという以登が、
生まれて初めて愛した男性のために自ら剣を手に戦いに挑む。
北川景子さんの凛とした美しさと殺陣は必見ですね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。