チョコが燃料のエコなレーシングカー誕生。F3参戦へ。

なんと、レーシングカーにもエコカーが登場です。
米マサチューセッツ工科大学で開催されている会議で公開された、
「世界初」とされる、エコなレーシングカーを製造したのは、
英国ウォーリック大学の研究チームだそうです。


このエコ・レーシングカーは、チョコレート工場から出た廃棄物や
植物油を基に作られた燃料で走行可能で、
エンジン以外の部品にも、産業廃棄物が多く利用されているそうです。


さらに、ラジエーターにはオゾンを酸素に変換する機能もあり、
「走りながら(空気を)きれいにするレーシングカー」なのだとのこと。


製造コスト、およそ20万ドル(約1800万円)というこの
「エコなレーシングカー」。
自動車レースF3に参戦することが決まっているそうですよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。