アカデミー賞は「ハート・ロッカー」の圧勝で、キャメロン監督はがっかり?

元夫婦の因縁の対決とも言われて話題をよんだ
今年のアカデミー賞は、「ハート・ロッカー」の
圧勝という形で終わりましたね。


「アバター」は撮影賞、美術賞、視覚効果賞と3部門の受賞に終わり、
監督賞、作品賞を加え、6部門でオスカーを獲得した
「ハート・ロッカー」では、キャスリン・ビグロー監督の
史上初の女性監督の受賞者誕生というもうひとつの話題も。


プロデューサーの不正行為など、アカデミー争奪戦以外にも、
何かと注目された「ハート・ロッカー」。
女性監督による社会派作品をぜひ見てみたいと思います。


でも、「アバター」はどうして負けちゃったんでしょうね。
ちなみにキャメロン監督は、元妻の栄光に、
惜しみない称賛の拍手を送っていたそうです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。